<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
* 読書 【 モダンタイムス 】

勇気はあるか?

システムエンジニアをしている渡辺が出向いた得意先は、何とも不思議な出会い系サイトを作っている会社だった。時と場所は、徴兵制の実施されている数十年後の日本。勇気と恐妻とネット社会をめぐるユーモアあふれる物語が今、始まる!


 まずは、「魔王」を読み直しましょう。

伊坂さんの新刊。 待ちに待った、新刊。
「魔王」の続編という事でしたが、読み直す事なく新刊を手にしてしまって、
ちょっと後悔・・・

「勇気はあるか?」という言葉の連呼。
いつもの伊坂節だなぁ〜と、くすぐったく感じながらも、物足りなさを感じずにはいられません。 だって、私が伊坂さん本の醍醐味思い込んでいる、「伏線のオンパレード」があまり感じられなかったから。
私の伊坂ベスト1は「重力ピエロ」なので、あの作風が懐かしく思えます。

「魔王」は、安藤兄弟の話だったのは何となく覚えてたんですけどね〜
やっぱり「魔王」の内容を頭に入れてから、この「モダンタイムス」を読んだ方が、より一層楽しめると思います。後悔先に立たず。

読み進めていくと、「魔王」に出ていた人たちが、ひょっこり顔を現します。
おおっ!と思ったり、えーー!っと思ったり。

前作「ゴールデンスランバー」と平行して書いたらしいのですけど、やっぱりというか、何か世界観が似ているんですよね。仕方ないのかなぁ。
近未来の話で、監視されていて、しかも国家が管理している、みたいな。
「ゴールデンスランバー」を読んだ時にも感じたことなんだけど・・・・・
何か怖いなぁ〜。 現実の話ではないハズなんですけど、もしかしたら・・?
なーんて思ってしまったり。てへ。

ちなみに、イラストの特別版があったんですね・・・。
 
にほんブログ村 本ブログへ

 それにしても、奥さんの佳代子さん。 強すぎですよね(苦笑)
前半は、「一体この奥さんなんなの?恐ろしい〜〜」と思っていたんですけど、
ラストは「まぁ!なんて頼もしいお方」と考えが変わった自分に苦笑しました。

そうそう、チャップリン出演の映画に「モダン・タイムス」って言うのがあるんだけど、
これも何か関係があるのかしら?

検索、検索・・・・
17:53 | 読んだよBOOK | comments(2) | trackbacks(1)
* スポンサーサイト
17:53 | - | - | -
COMMENTS
はじめまして。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
佳代子さん、イメージが大きく変わりましたよね。

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2008/11/11 4:20 AM by 藍色
藍色さん、はじめまして(^^
コメント&トラバありがとうございます〜♪

そうなんです、佳代子さんのイメージが激変しました。
そこがこの本を読んで「あー面白かった」と最後に感じられた所です。

こちらからもトラックバックさせて頂きますね♪
2008/11/21 10:03 PM by ジュンコ
COMMENT?










TRACBACK URL
http://junko1223.jugem.cc/trackback/370
TRACKBACK
2008/11/11 4:02 AM
モダンタイムス (Morning NOVELS)(2008/10/15)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 写真は畠山直哉。装幀は松田行正+相馬敬徳。「モーニング」連載に加筆修正。...
粋な提案